先日、たまたま福井県立恐竜博物館へ行く機会がありました。いざ行ってみると建物は有名建築家の黒川紀章氏設計で、卵型の立派な建物。卵型の建物の中に入るとエスカレーターでどんどん下降していきます。そして、未知の世界に入っていく設計です。動く恐竜がリアルで、話しかけられそうでずーっと見つめてしまいます。大人たちも1日いても飽きの来ない夢の場所です。お子様連れも大人同士でも是非とも出掛けてみてください。国内夏休みプラン 一押しです。